きんこダイアリー

出産秘話

ついに…
『ポニョ』が『真帆』にうまれかわりました!!

2月10日
AM0:21
3350g、50cmのベビーが誕生しました!!

忘れないうちに出産記録でも書いておこう♪

7日の夜中から始まった陣痛は、強くなったり弱くなったりで…なかなか本格的な陣痛にたどり着けず…。
7日は子宮口1.5㎝だったのが、8日には5㎝にもなり、かなり期待していたのに、、、。
8日の夜には3分間隔の陣痛になり、ついに陣痛室に移れたのに、、、。
陣痛室に入ると、途端に10分間隔にまで遠退いてしまった。

そんなこんなを繰り返し、9日の夕方になってしまった。
2日間熟睡できてなくて、ごはんも食べれてなくて、体は限界に近づいてた。
ずっと腰をさすってくれていた旦那さんもきっと限界だったはず。

主治医もなかなか来てくれず、どうなるんだろうってすごい不安だった。

9日の夕方、やっと主治医の診察があり、その時点でも子宮口は6㎝。
1日中陣痛に耐えたのに、子宮口は1㎝しか広くなってないとゆうショックで、涙が出そうだった。

主治医から告げられた選択肢は2つ。
1つの方法は、体力もなくなっているため、痛み止めの薬を使って、一度寝て、体力回復と陣痛を待つ方法。
体力の低下で強い陣痛にならないこともあるらしい。
もう1つの方法は、明日の朝から陣痛促進剤を使い、陣痛を促進させ、それでもダメなら帝王切開へ切り替える方法。

また陣痛に耐えなきゃいけないのかと思うと、どちらもつらい。

そして、さらに新しい選択肢を告げられる。
賭けだけど、今から人工的に破水をさせて、強い陣痛が来るのを待つとゆう方法。
もしかしたら今日中にお産につながるかもしれないし、結局有効な陣痛にならず、翌日に促進剤を使うはめになるかもしれないし、わからないと言われた。
でも、もうここまで耐えたから、うちもどうにかしてやりたいと思い、人工的な破水を選んだ。

すると、意外にもすぐに陣痛の間隔は狭くなり、 痛み自体もかなり強くなってきた。
あまりの痛みの強さは、限界の体に応え、途中意識朦朧としてきた。
顔面蒼白で、家族もみな心配していた。

痛いのに子宮口はひろがらず、このままうちは違う世界に行くんじゃないかと本気で思った。。。

そこでふと、破水させた後に、主治医が言ってたことを思い出した。
『一度痛み止め打って、3時間でも休んで、お産への体力温存をしてもいい』って。
陣痛中に痛み止めを使おうなんて、冷静なナースなら絶対考えないけど、その時のうちはもう冷静じゃないから、助産師へ『痛み止め使いたい』と言ってしまう。
そのくらいに苦しかった。

助産師が主治医に連絡してくれたが、なかなか戻ってこない。
待つ時間の長いこと、長いこと。
その間も悶絶する。

ついに、痛み止めの注射を持って、助産師が来る。
その時には、陣痛もMAXで何かを出したい感に襲われる。
それを告げると、内診してくれて、子宮口はもう9㎝まできているらしい。
とゆうことで、痛み止めは使わず、分娩室へ移動。
分娩室では助産師は色々準備しているため、旦那さんと二人で必死にいきみ逃しをする。
もう早くうまさせてーって感じ。

9日〜10日へ日付が変わる辺りから、やっとお産開始。
いきみは習った通りできたし、助産師にも『上手』と言われるけど、どうにもこうにもなかなか出てこない。
だんだん足がプルプルしてくる。
エコーでも赤ちゃんの頭は大きかったし、やっぱりうちの骨盤を通らないのかもとゆう不安に襲われる。

すると、吸引準備が始まり、主治医はうちの横に立つ。
こんな中でも冷静に、吸引と圧迫をされるんだなと分かる。
でも、もうここまできたら、何がなんでも下からうむしかないと覚悟を決める。

そして、先生にお腹を圧迫され、痛くて痛くていきめない…。
でも、いきむ!

吸引カップがポニョの頭に装着される。
うちのいきみに合わせて、ポニョも引っ張られる。

その繰り返し。
足はプルプル。
息は絶え絶え。
でもいきむ!!

そして、ついに『いきまないで下見て』の声がかかる。
その瞬間、ポニョが出てきてた〜!!
何がなんだかよくわからんけど、出てきたみたい。
何がなんだかよくわからんけど、涙が出てきた。

ポニョがすぐにうちの胸元にやってくる。
羊水とかついてるけど、それでもかわいい。
なんとも言えない。
小さいけど大きい。
この子がお腹にいたと思うと不思議。

そして、真帆が出てきた後は、うちの処置が待っていた。
まず、胎盤を出すのだけど、臍帯を引っ張って出すみたいだけど、どうやら臍帯が切れたらしい。
なので、主治医がまたもお腹を圧迫する。
胎盤が残ったままじゃ困るから、もう好きなようにしてくれって感じ。
胎盤が無事に出たら、今度は会陰部の縫合。。。
生々しいが、どうやら会陰部だけでなく、肛門、直腸まで裂けたらしい。
主治医が「4度」って言ってるのが聞こえた。
『4度 会陰裂傷』らしい。
会陰裂傷には1〜4度まであって、1番上みたい。
分娩台の上で、1時間延々と主治医と二人にされ、ずっと縫合される。
局所麻酔は時々打ってくれるけど、痛い痛い。
肛門を縫われてるのも分かる。
でももう、半分意識朦朧なので、叫ぶ元気もなく、目をつぶっている。
そこで主治医が一言「こんなことなら帝王切開にしとけば良かったかな」と。。。
ガーーーン。
そんなぁぁぁあ。

でも助産師さんに、そのことを言ったら、「先生、そんなこと思ってないけぇ。下からうめて満足しとるはずよ。嬉しそうやったけぇ。」って。
良かった。。。

そして、分娩後1時間以上経過して、ようやく、きれいにしてもらった真帆と再度ご対面。
おっぱいを吸わせる。
必死におっぱいを吸う姿がなんとも愛しい。

旦那さま言わく、待ってる間ずっと、真帆は口をパクパクさせてたらしい。
お腹の中でも、ポニョはエコー上でパクパクしてたもんね。

そして、しばらくの安静の後、病室に戻ることとなる。
がっ!
起きた瞬間、フラっとくる。
目の前が真っ白になる。
そのため、分娩室で朝まで休むこととなる(笑)

本来なら2時間分娩室で休んだ後、病室に戻るのだけど…。
分娩室で眠れてしまう自分が恐ろしい(笑)

翌朝、病室に車椅子で戻る。
初めての車椅子(笑)
今までは車椅子を押す側だったのにな〜。

大変なお産だったため、点滴をもう1本追加。
どうやら、出血も多かったらしく、血圧も70まで下がっていて、トイレへ歩くにも付き添いが必要。
あぁ情けない。

フラフラするから、新生児室にいる真帆の顔も見に行けない(涙)

そんな状況でした〓

2日間も陣痛に付き添い、立ち会い出産してくれた旦那さんには本当に感謝してる〓
そして、妊娠中トラブルもなく、健康にうまれてくれた真帆に感謝〓〓

そして、うちをうんでくれたお母さんにも感謝〓〓

出産って命がけやなぁ〜
でも素敵なことやなぁ〜
[PR]



by kinko32 | 2011-03-02 12:01

日々の他愛のない出来事♪
by kinko32
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
グルメ
育児
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ブログパーツ

最新の記事

初詣
at 2014-01-04 22:47
謹賀新年
at 2014-01-02 21:37
新正月と寝顔
at 2013-12-16 02:38
髪チョキチョキ
at 2013-12-15 02:09
七五三&お宮参り
at 2013-11-28 03:32

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧